ふと思ったこと

 先日、コンビニで買い物をしたとき1000円札を見たら1000YENと書いてあることに気付いた。今まで全く何とも思ってもいなかったのだがなぜ円=YENなんだろう。「EN」ならわかるのだが・・・・。まあどうでもいいことなのだがネットで早速調べてみた。理由はこう書いてあった。
以下説明。

明治 5年(1872年)発行の政府紙幣「明治通宝」のほか、日本銀行が発行したお札についても、明治18年(1885年)の初めての発行以降すべて円は「YEN」と表示されています。

 「円」を「EN」でなく「YEN」と表記している根拠は、はっきりとしていませんが、以下のようなさまざまな説があります。

 (1) 発音上の理由
 「EN」は外国人が発音する「エン」より「イン」に近いものになるとして、子音Yをつけて「YEN」としたのではないかとの説です。ちなみに、幕末日本を訪れた外国人の記録には、「江戸」を英語で「YEDO」と表現したものがあります。

 (2) 諸外国の語句との区別
 「EN」は、オランダ語では「~と」、「そして」の意、スペイン語、フランス語では「~の中に」の意を持つ、よく用いられる語であるため、これらと同じ表記を回避したとの説です。

 (3) 中国の「圓(ユアン)」からの転化
 中国の「元」紙幣は、表に「〇圓」、裏に「YUAN」と表示されていました。これが「YEN」に転化したとの説もあります。


と言うことらしい。日銀でもはっきりしないなんて実にいい加減である。とまあ実にくだらないことですけどふと思ったもので・・・。
[PR]

by yunitora | 2006-05-17 12:11 | まったり